2009/10/26

ペプシあずきを飲んでみた!

あずき


ペプシの新しい味が出たので飲んでみました。

あずき味です。


きゅうり、シソに続く
『とりあえずひとくち飲んでみるかシリーズ』の
最新作です。

前回のシソは本当にヒドイ味でした。
シソとペプシが完全に喧嘩をしていたからです。

お互いに主張しすぎていたような味でした。


そんなわけで今回のあずきですが、
とりあえずラベルの一言が笑えました。


【ペプシとあずきの雅な出会い】



じゃ、飲んでみますね。


ゴクリ。



おおー雅と言われれば雅じゃー
炭酸の大福を飲み込んでいる感じじゃー



例えば

ペプシの存在もあずきの存在も知らなくて
『こういう飲み物!』と言われたら
納得してしまいそうな感じ。

シソよりわずかにマシ。

初めてコーラに出会ったときの日本人の気持ちって、
こんな感じでしょうか?


喧嘩はせずに、ちゃんと出会えてはいる

しかーし!


【上品な甘さとコーラの刺激が新しい】

新しすぎじゃー


違和感ゼロ
↑シャンプーの横に置いてみた!




ラベル裏面の原材料名を見てみますと・・・

果糖ぶどう糖液糖
酸味料
香料
保存料
カフェイン
着色料

以上。


・・・あずきが入ってな~い
どうやってあずき味を作ってんだ~?

あんなに黒い飲み物が
ここまであずき色になるなんて、
どんだけ体に悪いもの入れてるんだろうかと
それ考えると、

アリか無しかっていったら、


無しで!


じゃあの。


スポンサーサイト
2009/10/13

おるーの結婚式




姉の結婚式に出席してきたんで、写真でも見てやってくだせえ。



場所は式が六本木ルーテル教会ってところで、
披露宴がシェ・松尾の青山サロンでした。

この日は天気も良く、三連休の中日ってこともあり、
結婚式には絶好の日でした。


神父、キャラ最高だったから。


式の開始が15時で、
会場が六本木駅から徒歩10分なので、
とりあえず14時20分には
六本木に着いていたんですけど、



この六本木ルーテル教会ってのは
隠れ家風っていうよりは、
本気の隠れ家っだったらしく
なかなか見つかりませんでした。

時間も迫っていたので、
六本木の街を礼服で爆走。


この辺も俺は失敗してたな。


タクシー5台に聞いても
みんなに首をかしげられるようなラビリンス。
タクシーは何故か年輩ドライバーしか捕まらなくて

5台のうち、3台は
ナビの使い方がわからない始末。

5台のうちの1台には、
まるで関係のない教会に連れて行っていただきました。

なんとか間に合った教会は
『ここが都会の真ん中か!』
と言いたくなるようなイキフンでした。


神前式なので神父さん(72)が
司会進行みたいな感じなんですけど
この神父さんが、すげえいい味出してました。

節目、節目に
『アーメン』と言うんですけど、
この神父さんの『アーメン』は、
おじいちゃんが椅子に座るときの
『よいしょ』と
アクセントが一緒で、なんだか
可愛らしかったです。



披露宴会場のシェ・松尾
ミシュランガイドで星を獲った名店です。
格式高く、豪華でして料理は激ウマでござる。

すごい高いぞ、というのがバシバシ伝わってきますので
さすがシェ・松尾というか、
さすがK田君、というか

とりあえず、ゴチになりやした。


一品目に出てきたキャビア入りの冷製スープなんて、
松尾側にしたら軽いジャブっていうか、
準備運動程度だったのかもしれないけど

こちらは当然KOされました。

飛んでた意識が戻り始めたのが
メインの肉が運ばれたあたりだったので
料理の写真はこれ一枚です。

おフォアさん


K田君(旦那。鈴木家全員が君づけ)の
仲間が作った余興DVDもクオリティが高く、

時間も余裕があったようで、特にどこかを
はしょるようなことは
なかったんじゃないでしょうか。

僕が今回の結婚式に見た、というか感じたテーマは
【余裕】です。
招待されてる感というか、
二人が客をもてなそう、という気持ちがとても伝わり、
こちらはただただリラックスをして過ごせました。

招く側にも招かれる側にも
余裕がありましたね。


松尾を出さんかい!


↑シェ・松尾っていうぐらいだから、
松尾さんが料理の説明をしているのかと思ってパチリ。

全然違う人でした。



全制覇しようとしたけど、とても無理でした。


デザート・ビュッフェも
そこらへんのケーキ屋がとても追いつけないような
美味しさでした。


お前が泣くから俺も泣く。

披露宴の最後の方で
恒例の【新婦の手紙】がありまして
式前の姉の話では

『感動を誘う場面だけに、私が泣けたら良いんだけど』
という感じだったんすけど、

普通に泣いてたね、うん。

でね、

俺も泣いたよね。
昔からそうだけど、薫子が泣いてると
俺も泣いちゃうんで、今回もその流れでした。

途中のスライド・ショーで
僕たちが子供の頃の写真とか出てきたり
うちの母がものすごく若い頃の写真が出てきたりで

『なんか、みんな大きくなちまったな~』
とか
『もう気軽に家族で集まれなくなるんかな~』
とか、そんな事を考えてました。



そんなわけでですね。
菊田君、薫子、お疲れ!!


じゃあの。
2009/10/06

許し

姉の結婚式がいよいよ来週に迫っておりますので、

今日は結婚生活の何たるかを

結婚10ヶ月の弟から結婚(たしか)2ヶ月ぐらいの姉に

説いていきたいと思ふ!



とりあえず、


これは結婚してから気づいたことなんだけど


『愛す』と『許す』は、同義語です。


薫子よ、許し許されていますか?

人が人である限り、好むと好まざるとにかかわらず

相手を傷つけ、罪を犯してしまうものですね。

俺なんて、その繰り返しだよ。



菊田くん (旦那。なぜか【君づけ】) が

三日酔いしても許してあげましょう。

四日目に恐れて実家に帰られても許してあげましょう。 ( ©平松愛理)


犯してしまった罪を許すとき

大きさの大小にかかわらず

そこには愛が介在するはずです。

許し許されることによって、

お互いに、そこにある愛を認識できるかと思います。


固い話はそのぐらいにしときます。



そんなわけで、前フリが長くなりましたが

我が家の【許し】の実例紹介です。



結婚式に出席するため、ここ一ヶ月ダイエットに励みました。

炭酸ジュースや食後のアイス、間食のカップ・ヌードルを

一切断ち、ひたすらミネラル・ウォーターを飲みました。

そして、

顔についた肉の減り方を分かりやすく記録するため、

一週間に一度、

・同じ時間帯に

・同じ角度から

・表情をつけないように

顔写真を撮影。


その結果を、今ここに・・・!!



やべえ、ドキドキしてきた。







ざわざわ・・・ざわざわ・・・










1週目
1週目


2週目
2週目


3週目
3週目


4週目
4週目








なにーーーーーー!!


何も変わってねえ???????


この写真を並べてみたとき、

どの写真がbeforeで、どの写真がafterなのか

正直さっぱりわからなかったぜ


うちの奥さんは太ったままで式に出席することを【許し】、

僕は僕で、

あんなに頑張ったのに

『何にも変わってないじゃん』と言い捨てた奥さんを

【許し】ました。


そこには確かに愛がありました。


次回は結婚式の模様を写真たっぷりでお届けしますぜ。



じゃあの。



2009/10/01

電話

いえでん


買わなきゃ買わなきゃと思っていたんだけど、


とうとう我が家に固定電話君がやってきました。


優秀なのか、ひょうきん者なのか


彼はわりとたくさんの機能をそのスマートな体に備えております。


そんな彼の特技をひとつご紹介。



いたずら電話や、しつこいセールスへの対策だと思うんだけど


【ゲキタイ】ボタンを押すと、男の人の声で



『迷惑しています!かけてこないで下さい!』


と、強い口調で相手をゲキタイしてくれます。



はっきり『NO!』と言える男、固定電話君。



笑わせてくれてありがとう。


声は女性バージョンもあって、


『しつこいですよ!』


とか言ったりする。


なんて面白いんだ。

聞きたい。逆に。



普段は物静かで


いざと言うとき前に出られる男。


いいぞ、固定電話君!


じゃあの。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。