2008/07/31

コダクサン

客車敬礼



大宮の鉄道博物館へ行ってきました。



夏休みということで、館内は家族連れがいっぱい。
子供がたくさんいました。

子供も、女の子というよりは男の子の方が多かったようです。
興奮して走り回っているのは大抵、男の子でした。



朱鷺



↑たぶん、貴重な車両です。


さわっちゃダメだったかも・・・。
館内は古い車両が10台ぐらい放射状に展示されていて
そのどれもが、貴重な資料と思われます。




乗車




実際に乗れる車両もあったりして。


でもほとんどの車両は乗れません。
鍵がかかっているのです。


館内レストランで駅弁を買い、車内で食事、なんてことも可能。



汽車二人



汽車は時間がくると汽笛を鳴らしてくれます。
すっごい迫力!

子供たちはその汽笛に『ぽっぽ~』と言って応えてました。




とても楽しかったんだけど、展示物の価値というか、凄さ?がイマイチわからず。


鉄ちゃんらしき人たちはガラスケースを覗いては『うんうん』ってやってた。
僕ら素人はどちらかというと

『これ、展示するほどのモンなの?』
という感じですね。

あ、でも
明治天皇が乗ってた『御料車』ってのは、その豪華さにぶったまげました。
重要文化財みたいです。





ちゃんこ鍋




夕食は【ちゃんこダイニング若】です。

ホントは別に目をつけていた店があったんだけど
時間の都合上、ここに決定。


店員さんの見事な手さばきで、
塩ちゃんこを綺麗に盛り付けてもらいました。

アラカルトも充実してて、シーフードの入ったキムチは
ビールによく合いました♪



大和田の花火



この日の締めは花火大会です。

13万人の人出らしく、会場は芋洗い状態。
打ち上げ時間は2時間だったんだけど
1時間サクッと見物して会場を後にしました。
混雑の前に切り上げるのが、大人の花火学ですよ。


花火大会って大抵、週末に催されることが多くて
僕は参加できないことが多いんだけど
今回、何年かぶりで花火を堪能しました。




朝顔3



発芽して1週間経ちました♪

どうやら我が家は6つ子です。
背くらべで長男坊は次男坊に遅れをとってるみたい。
ダメな子ほど可愛いもんですな。


じゃあの


スポンサーサイト
2008/07/28

せがれ

朝顔1




子供たちが夏休みに入りましたね。



小学生の夏休みといえば『朝顔の観察日記』。

当時の僕も育ててました。



姉と一緒に太の家へ遊びに行っている間は、母が水やりを担当してて

何日か後に太の家から帰ってきたときには、すっかり枯れていました。


水のやりすぎが原因だったみたい。



そんな苦い思い出へのリヴェンジとして
今年の夏は、もう一度朝顔を育ててみようとおもいます!!





とりあえず、花屋のおばちゃんに言われるがまま
鉢・土・種を購入。

全部で1000円ちょいで揃えられます。


種を一晩水に浸けておくと、水を吸って膨張します。


膨張した種を土に埋めて、朝夕水をあげます。



種植えに適した時期は五月らしいんだけど


そんなことはお構いなしに2~3日で発芽。



朝顔2




感動。


芽が出て一晩で、この成長。


もう自分の息子、ぐらいに思っちゃうほど愛しいですね。


名前を付けたいぐらいです。


彼の健康以外は何も望みませんよ。



写真じゃわかりづらいんだけど


どうやら弟も授かってるみたい。



大きくなれよ~





じゃあの。



2008/07/24

サマー・ヴァケイション

『【店長のブログ】を謳っておきながら、床屋に全然関係ないこと書いてるよねー』


って、あちこちで言われているので

たまには店のこと書きますね。



夏季休業のお知らせでーす♪


9月に休みます。



9月1日(月) ~ 9月5日(金)




2連休以上は正月ぶりです。

で、

せっかくの連休だから旅行に行ってきますぞ!!


宿の予約は取りました。
ものすっごい探して、選んで宿をみつけました。
こちらのイメージに合致する宿は、探すのが大変だったんだけど
なんとか見つけました。



僕が宿に要求するイメージとしては・・・


『あの文豪も愛した~』みたいな宿。



肺とか胃とか心臓に持病を抱えて、

ついでにヒザに爆弾抱えて

ものすごい気難しくて、人嫌いで

頭は寝ぐせが凄いことになってて、

『書けない!!』って畳をかきむしってる文豪が

窓外の緑を眺めて一行、小鳥のさえずりに耳を傾けてまた一行というように、
原稿用紙と心の隙間を埋めていくような温泉旅館に泊まりたいな~

(要するに、空気が綺麗で静かな宿に泊まりたい)


と、思ってまして。



ようやく見つけました。


中伊豆 【湯めぐりの宿 吉春


伊豆の修善寺エリアで一番人気。

で、予定としてはチェック・インしたら、だらだらしようと思ってます。

なにもしない。

スケジュールはドモホルンリンクルみたいに

なにも足さない。なにも引かない。


気が向いたら
ワサビの田んぼを見に行くぐらい。

気が向いたら
源頼家の墓を見て

気が向いたら
竹林の小径を散歩。

気が向いたら
萬城の滝を見学。



気が向いたら―、





じゃあのっ!!!!!!!
2008/07/18

ピアノイズ・イン・オギクボ

連弾




晴れの休日―。



天気が良かったので新宿御苑でも行こうかな、と思っていたんだけど


あまりにも晴れていたので、家でおとなしく過ごそうという事になりました。


家でおとなしく過ごそうという事になったので


彼女にピアノを教わりました。





『ピアノが弾ける男』って、


格好良いなと僕は思うんだけど


覚えるのは結構難しくて、そんな男になるには、


まだまだ時間がかかりそう。


『ギターが弾ける男』も

『サックスが吹ける男』も

『ドラムが叩ける男』も格好良いんだけど

やっぱ

『ピアノが弾ける男』が一番かな、と思います。



ピアニカじゃ子供っぽいし、オルガンじゃ幼稚園の先生みたいだし

アコーディオンじゃ大道芸人みたいで。


だから、男は黙ってピアノかな、と。



でも、僕が弾いてる姿は、ちっとも格好良くないです。

カタツムリをいじめるように

人差し指で鍵盤をつついてるようにしか見えないから。

使っている楽譜は、五線の上にちっちゃくドレミが書いてあって

そんな子供っぽい楽譜は誰にも見せられませんぞ。



みわの玄関



お昼ごはんは、井荻駅近くの蕎麦屋で。


蕎麦みわ』は、雑誌に掲載された事もある、こぢんまりとした店です。


初老の夫婦と息子(?)でやってるっぽい。

内外装、共にシャレオツ。

器も可愛い。


お酒と簡単な肴も用意があるみたいで

夜にちょい呑みも出来そうですな!!


みわ


冷やかけそば。

揚げた茄子と葱、細く刻んだみょうがの入った

シンプルなお蕎麦。





夜は『酉の』へ。



いつもどおり、

美味しい。


いつもどおり、


帰りのバスから、記憶が吹っ飛びました。



じゃあの。


2008/07/13

FLY!フトシ!FLY!

太は、もう覚えてないと思うんだけど


僕が5歳ぐらいのときに、太にお風呂に入れてもらった事があって


そん時の会話が未だに忘れられないんですよ。





太も5歳の僕も、お互いスッポンポンになって
体を洗ったり、シャンプーしたりしてたんだけど
そんときね、僕の目に飛び込んできたもんがあって。




太の玉袋ですよ。





あ、ごめんなさいね。

いきなり玉袋だなんて。



で、その玉袋がね、もう、とんでもなくデカイんですよ。

え?顔とどっちが大きい?ってくらいで



存在感が普通じゃなくて、


訴えかけてくる感じ?

『このインノウが目に入らぬか!!』って。


干し柿?

みたいな。


そこで干しちゃった?

みたいな。



いや、ほんと。


小料理屋あたりの軒先に置いてあるじゃないですか

狸の、小首かしげたアイツ。


アイツの、地面に引きずってんじゃねえかってサイズの玉袋。


あれと一緒。



唖然としましたよ。
5歳児黙らせるには十分すぎるんだから。



髪切りに来たお客さんに、真面目な顔で

『新幹線みたいな髪型にしてください!』

って言われたときぐらい唖然としましたよ。




シンカンセンって、え?チャン・ドンゴンみたいな?
新手の韓流スターか何か??
走る方の、皆が知ってる新幹線だよなぁ。
アイツ、髪の毛はえてねえよなぁ。ってなった。



で、玉袋なんだけど

『タヌキジジイ』の語源って、ここからー?
ってのが、ぶらさがってるわけ。


でね、

5歳の僕は、その玉袋を見て、明らかに自分のと違うし
こう思ったんでしょうね。


(・・・あの中に、おじいちゃんは何か隠してる・・・)



で、聞いたの。無邪気に、玉袋ゆびさして。



『おじいちゃん、その中、なに入ってるの?』って。




太は、ああ、これか~みたいな感じでこう答えました。










『・・・思い出』






いやいやいや
おかしいでしょ。




思い出ってのはさ、太。
胸の奥に大事にしまっておくもんであって、
足の間からぶらさげるもんじゃないでしょ。
思い出の扱い、雑ー。



じゃあ何?

おばあちゃんの知恵袋には優しさが詰まってて

おじいちゃんの玉袋には思い出が詰まってるっての?



なにその収納上手。
カリスマ主婦じゃないんだから。



それに、5歳児に向かって
『玉袋には思い出が詰まってる』って。
一歩間違えたら、早めの性教育?



いや、これがさ、


『俺はな、夜になるとコレを拡げて、ムササビみたいに空を飛ぶんや』

なんて言うんだったら
5歳児への話としては夢がありますけどね。(無い。)





太シリーズ完結。



じゃあの。


2008/07/13

太の伝説 ~壊れた血圧計~ ②

太の使ってる血圧計が壊れてるんじゃねぇかって話になって

血圧190の人間が朝3時に起きてラジオと一緒に熱唱しないだろうって話になって、


心配した母が、『その血圧計を持って医者に診てもらうように』

って忠告したらしいんすよ。




普段は人の忠告なんて全く聞かない太なんだけど

本人もさすがに気にしてたらしく


首かしげながら日記に1日3回、≪190≫って書いてたらしくて

でも、
オムロン様のおっしゃるとおりって感じで使い続けてたらしくて。




医者が、太愛用の信じきってたオムロンの血圧計指して、こう言ったらしいですよ。



『太さんね、ここに【エラー】って表示されてるでしょ?
これね、ちゃんと測れてませんって意味です』


で、

その医者にちゃんと測ってもらったらしいの。


上150、下80。


まあちょっと高いけど、異常ではない値で。


医者が言うわけ。


『太さんのオムロンね、これ壊れてますから』



ガツーーーン




でね、
太も考えたんだろうなー。
オムロン教の中部ブロック岐阜支部長として。

マインド・コントロール無理矢理解かれた、みたいな感じで。
ナショナル教の入会案内チラッチラ見ちゃって。


150の血圧を190って教えでしょ?誤差プラス40でしょ?
え?1日3回の写経は何だったの?みたいな。



で、出した結論が



『毎回マイナス40すれば、ええやないか。間違っとらんやないか』





その信仰、方向性 見失ってない?



よく考えれば!みたいな顔で


『毎回間違っとるんやったら、それ正しいんやない?』
とか言ってる。


ゆがんだ【継続は力なり】。

マジ見上げたポジティブ・シンキング。

高血圧の影響、出始めてない?大丈夫?



中日ドラゴンズのお膝元だけに


健康管理も、



オレ流??

家族全員ヒヤリハット。





今も太の日記には、1日3回の写経が繰り返されています。




じゃあの。



2008/07/10

太の伝説 ~壊れた血圧計~ ①





サザンオールスターズに替わって、この夏を牽引するのは


TUBEか太かっていうぐらい、


飛ぶ鳥を落とす勢いで伝説を作り続けてる、ウチのおじいちゃんなんだけど




15年ぐらい前に仕事を辞めてからは

1日に3回、体重と血圧を測定っていう

忙しいんだか忙しくないんだか

よくわからない生活を送っています。



つまんない ―電車に関する― 日記も書いてる。



減量中のボクサーかっていう頻度と表情で
体重計に向かってて


血圧もね、ヒマ見つけちゃ測定して日記に記入してる。



俺が生きてた証、みたいな。

これしかやる事ねぇ、みたいな。



そんなに健康に気を使ってるってことは
体、どっか悪いんかなーって思うんだけど


超元気。
超わがまま。

本人も元気の自覚あり。



血圧、っていわれても何だかピンと来ないんで
ちょっと調べてみたんすけど

よく、
上が○○で、下が○○。
とかいうじゃないですか。


健康な人の値としては

上が120、下が75

らしいんすけどね。


上が140、下が90とかになったら、それはもう高血圧ってことに
なるらしいんすけどね。


上が180になったら、それは
『重症高血圧』
ってことで、やばいらしくて。
死んじゃうよ、ってぐらいで。



日記をチラっと見たんすよ。
1日に3回計ってる太の血圧を。




上が190。




救急車呼んであげてー!

危篤の人が平気な顔で日記書いてるー!




下が60。



低ーーー!

何故、死なない????


死ねない?店長だけに見えてる?
『シックス・センス』って、舞台、岐阜だっけ?




僕の母(太の娘・顔そっくり)も高血圧で。
やっぱ血圧測ってて、上が140ぐらいいくらしいんすよ。


で、その母が使ってる血圧計が最近壊れまして
太に相談したらしいんすよ。


そりゃ、太っていったら?
1日に3回も計ってるし?
血圧に関しちゃあ駆け込み寺みたいな存在ですからね。
まぁ相談しますよ。



『血圧計は何を使っとるんや?ナショナル?ナショナルはアカンぞ。
俺はな、オムロンや。オムロンは、ええぞ。壊れんし、正確や』


オムロン教の熱心な信者ね。


『俺の血圧?そらちょっと高ーわ。歳やで。上がな、190あるわ。
大丈夫やて。平気て。死なんて』



・・・さすがに母が心配しまして

その血圧計を持って病院へ行ってみることを提案。






つづく!!



じゃあの。


2008/07/07

太の伝説

僕のおじいちゃんて、『生きながらにして伝説』、みたいな人で、

そりゃあもう色々な逸話があるんだけど。



あ、名前は『太』です。『ふとし』って読みます。太ってます。82歳。
岐阜県に住んでます。



で、その太がね、もうトンチンカンな事ばっかやるわけですよ。
そのくせ厳格っていうか、わがままで、誰も逆らえないもんだから扱いづらいったら、ないんですよ。



食事するときに割り箸を渡したら、


『箸が1本じゃ、喰えんやないか!』

って、ご立腹。





割れよ、って話でしょ。
割れば2本になるんだよ、割り箸なんだから。





高血圧だから医者に塩分を控えるように言われてるらしいんだけど。


こないだ、太が自分でインスタントの味噌汁を作ってたんすよ。


『俺はな、電子レンジが使えるぞ』
なんて、自慢にもなりゃしない事を自慢しながら味噌汁作ってんすよ。


で、塩分を気にしてるもんだから、インスタントの味噌汁も
器用に半分だけ味噌を搾り出して作ってるんですよ。
要するに、太的に濃度を半分にしたいわけ。


『気をつけてるんだ。偉いね』

なんて褒めたら

『ほーら、ほうや。こうしないと、俺は死んでまうもんで』


とか言って、






2杯目おかわりしてんの。





きっちり1杯分の塩分を摂取してるから。







そんな太の、最大の関心事は『自分の健康』。
『家族の~』じゃない。自分の。


体重と血圧を1日に3回計って日記にせっせと書き込んでいる。
それ毎日繰り返してる。




1日に3回も計って、なんか変わるの?

って、誰もツッコミ入れない。


もうね、太、いうこと聞かないし、そこは放置プレイ。






で、太の日記もウケる。


こないだの大晦日に、久しぶりに岐阜にある太の家に行ったときのこと。

太がいつものように机に座って日記を書いてたんすよ。
血圧と体重が書き込まれた日記を。

でね、日記をちょっと見せてもらったの。


まず、驚いたというか、安心したのは、


血圧と体重以外のことも、ちゃんと書いてあるってこと。


日常のこと、ね。

ちゃんと日記にはなってた。



まぁ、僕も太に会うのは何年かぶりだし、元気な姿を見られて
こっちもそれなりに嬉しいわけ。

太のほうも同じだろうな、なんて思うわけですよ。

僕も可愛い孫の一人だし?

血、つながってるし?

顔、そっくりだし?




で、おじいちゃんの日記には、どんなことが書いてあるのかな~って想像するわけ。


『5年ぶりに、東京からはるばる、遼太郎が顔を出した。元気そうで安心した。
床屋を一人でやっているらしい。切ってもらうのが楽しみだ。』

・・・みたいな事が書いてあるのかな~、って思うわけ。
日記って、そーゆーもんじゃん?


で、日記帳を開いてみたの。




僕に関する内容は、たった1行でした。






『○○時○○分東京発の新幹線に乗って、遼太郎が来る。定刻通り○○時○○分、名古屋着。』






それだけ。



え?終わりーーーーー?

ってなった。





孫の元気な様子っていうより、






電車の元気な様子?






で、正月を過ごして東京に帰るときの日記。






『○○時○○分名古屋発の新幹線に乗って―、』














おじいちゃんさ、
電車のこと一回、忘れよっか?





ちょっと長くなりましたね。

『太の伝説 ~壊れた血圧計~』

は、また今度。



じゃあの。


2008/07/03

おやすみ







休日、っていうと僕の場合



週に1度だけなので



その1日を、どうにか有意義に使おうと



週6日、頭をひねっとります。



休みの日でも、お店の用事で



銀行行ったり、掃除をしたり



なにかしら予定が入ってて、それをこなすのに



忙しかったりするんだけど







この日は、そーゆーの全部ナシ!!


テーマは




『“なんにもしない”を、する。』




予定を立てない。



『あれをやらなきゃ』ってのを考えない。






というわけで、
天気も良いし、とりあえず近くの公園へ散歩。



kamo.jpg




かるがもの親子でしょうか。


『坊やたち、あまり遠くへ行くんじゃありませんよ』


『うっせー!子供扱いすんじゃねえよ』





そんな会話が聞こえてきそうなこの公園は
緑が豊かで、池あり遊具あり、芝生もベンチもあります。

ちょうど、井の頭公園をちっこくした感じ。
去年の夏、ここで昼間っからビールを飲んでは
子供を遊ばせに来ていたお母さん方に、白い目で見られたもんです。






公園を抜け出して、家から歩いて1分の喫茶店へ。




fete1.jpg



お店の名前は『Fete』
フェッテ、と読みます。(たぶん)

この店はメインがカレーライスなんだけど、
この日はカレーを食べずにケーキと飲み物を。


でも
カレーも激ウマでっせ。こだわって作っている感がバンバン出てる。

千川通りにあるヨークマートの角を曲がって、住宅街へ入っていくと
ぽつん、とある。趣味でやってる感じの店。


ケーキはね、言わずもがなウマイ。
僕はバニラアイス添えのティラミスを。



fete2.jpg




彼女はブルーベリーのシフォンケーキ。
これも、美味しい。


飲み物はティー・フロートっていう、アイスティーの中に
バニラアイスが入ってるものを注文。

ティラミスにもアイスが入っていたので、
バニラアイスを二つ食べたことになり、カロリー的に危険です。



というわけで『Fete』を脱出。
これ以上いると、美味しすぎて太りますからね。



nora.jpg




野良猫が、たむろってた。

近づいても逃げませんねぇ。
むしろ寄ってくる。



『昼寝の邪魔はしないで欲しいにゃあ。カメラは好きだけど』


『集会の邪魔はしないで欲しいにゃあ。カメラは好きだけど』





一旦、家に帰りDVD『パンダコパンダ』を鑑賞。

これは宮崎駿の作品で、トトロのモデルみたいなアニメなんだけど



終始、爆笑。

ツッコミどころ満載。パンダが、ひたすら可愛い。
絶対観たほうが良いっすわ。





この日の夜は、これまた近所の居酒屋『備長(びんちょう)』へ。


上井草駅のすぐ近く。
メインは焼鳥だけど、北海道出身のマスターが
魚介を使ったアイデアメニューを提案。

メニューいろいろ。
『なにを食べても旨い店』のひとつですね。


haramitepan.jpg




牛ハラミの鉄板焼。
鳥ユッケと一緒で、行くと必ず頼む一品。


昼間に甘いもんいっぱい食べて、DVD観ながらお菓子も食べたので
おなかぽんぽん。

ビールは1杯しか入りませんでした。



cherry.jpg




『よかったら、どうぞ』

で、チェリーもらいました。
この日はこの『よかったら、どうぞ』が3品ぐらい出てきた。




太っちゃうなあ、っていつのまにか口で心配してるだけになってきたなぁ。


じゃあの。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。