2010/09/22

理容室ばりとこ OPEN!!!

9月17日(金)に、

『理容室ばりとこ』がオープンしました。


準備期間は色々と大変でしたが、無事オープンの日を迎えられて

ほっとしております。


特に、夫婦それぞれの家族に物心両面で支えてもらいました。

愛ですね~。



開店のお祝いもたくさんいただきました!



花*花 ってどこいった?


お花は飾りきれないぐらい、他にも


お酒、お菓子、果物、・・・。


みんな、ほんと、ありがとぉぉぉぉぉぉぉ




そんなわけで、出来たばっかのお店を

ちょろっと公開!

ビフォー

↑工事前。



正面扉は、ヤスリ→ウレタン仕上げ!!

↑工事後





時計は振り子




お店の基本テーマがアンティーク風なんで

どこか古ぼけたアイテムを中心に雑貨を仕入れました。


仕入れ先は吉祥寺のミヤケが多かったと思います。


玄関入ってすぐの待合スペースは


ソファとテーブルでゆったりしてます。


カフェ・バリトコ

このスペースは『カフェ・バリトコ』という、架空のカフェでして

予約の待ち時間なんかに、簡単な飲み物が出てきます。


ホーロー



ちなみにカフェ・バリトコのメニューは、あったりなかったりの

ゆるい感じでやってます。


ショップカードと名刺


常時あるのは『バリトコ・ブレンド』と呼ばれるホット・コーヒーで、


・ミネラル・ウォーター

・温/冷の緑茶と紅茶


あたりは、たぶんあるだろう、という感じです。
裏メニューでたまにカルピスとかあります。

ちなみに今現在のバリトコ・ブレンドは、

友達にお祝いでもらった

スターバックスの『ハウス・ブレンド』を

バリトコ・ブレンドとして提供中。




っていう、本気のゆるい感じでやってます。


僕は学生のとき珈琲館でバイトをしてたので

珈琲の淹れ方は少しはわかります。

いってみればバリバリのバリスタです。


バリトコのバリバリのバリスタなんで、



バリバリバリバリスタ・・・です!




母豚


色々悩みながら工事を進めましたが

一番お気に入りは壁紙と床材です。



これはイメージぴったり。



苦労したのは、外の枕木。

まくら木



新品の木を一日中エイジング加工しました。






でーですね、



ここまで書いて思ったんすけど



象の磁石


見に来たほうが早えぇ。





そんなわけでお待ちしてまーーーす。






あ、そうそう。




ツイッターには書いたけど


店名の『ばりとこ』は


業界用語で『バリバリの床屋』という意味です。



チラシ



平仮名で『ばりとこ』

か、カタカナかアルファベットで行くかは



ケース・バイ・ケースでっす。




じゃあの。

スポンサーサイト
2010/09/08

エイジング加工

おおお店の準備が、



い、い、いいい忙しいです。

打ちミス消してるヒマさえないですす。




お店は9月17日 (金) の



オープンに向けて準備中です。



健康診断受けたり、ショップカード作ったり

FAX送って、メール打って、挨拶行って,ペンキを塗る・・・ってかんじですすす。




とりあえずですね、



今、家具を作ってまして



古ぼけた感じの家具を作ってます。



猛烈な勢いで店の家具作ってるんで、



ちょっと見てやってください。





パーテーション


パーテーションですねぇ。


次のお店は今より広くなる予定なんで



椅子と椅子の間にパーテーションを設置して



セミ個室テイストです。





看板


ほほう。作りかけの看板ですね。



よく見ると

木材にエイジング加工が施されています。



古ぼけ家具を作るには


エイジング加工が必須です。


まっさらの木材で作ると仕上がりが綺麗すぎなのです。



ミニワゴン




エイジング加工とは、木材の経年変化を人為的に起こすことであり

うんちゃらかんちゃら



つまり、



使い古した木材がどんなふうに傷んでいくか想像して

傷つけていくことです。



お肌と逆ですね。あれはアンチ・エイジングとかいいましたね。



『引越しのときに角が欠けた』とか

『雨に打たれて塗装がはげた』とか、


そういったことを想像しながら



ノコギリやノミを使って傷をつけていきます。




それから、




木材の年のとりかたを想像すると同時に



『俺はどんな老後を迎えるのかな』と



自分の年のとりかたまで想像してみましょう。




木材のエイジング加工とは


すなわち想像力の鍛錬。


自分の老後もわからん奴に



木材の老後なんてわかりっこないのです。



そう心得てください。



でーですね、



木材を傷つけたら今度は


金物を錆びさせましょう。



30年使ったネジは錆びるもんです。


腐食液を使って錆びさせます。


腐食液って今回初めて使うんですけど


そういうもんがあるんですねぇ。
画材屋で扱っています。




腐食液


ほほー


年取ってますねー


腐食液の使用前後で金物に違いが表れているのが

よくわかりますね。


で、このエイジング加工で気をつけてほしいのは



やりすぎに気をつけろってことです。


物には限度ってものがあります。


加工もやりすぎると本気のボロ


見えちまいます。




俺はあえて傷つき、錆びているんだ、と


家具に言わせてあげましょう。




そんなわけでエイジング加工とは


想像力の鍛錬であると同時に



やりすぎてもダメ、やらなすぎてもダメっていう




ゴングの前のミット打ちみたいな作業でもあるのです。








えー。家具の製作のため

9月9日(木)は、臨時休業となります。



よろしくお願いします。




じゃあの。
2010/09/01

ジャニー

新店舗用の家具として医療戸棚などを買いましたが、


買い物はまだまだ続いてます。


ソファとテーブルはカリモク60で揃えました。


カリモク60は1人暮らしをしていたときから

自宅でも使っていまして


形とサイズが気に入っております。




家具といえば他にも



レジ台、パーテーション、ワゴン・・・等々


色々あるんですけど


業者に任せて作ってもらうと


イメージと違ったり、値段が高かったりするんです。




かといって、



デザインがバッチリと気に入るものを探してくると



コストが抑えられません。





あ~~、どおしたらいいんだぁぁ~



と、




頭を抱え込んでいたら




天の声が、降り注いできました。






















『YOU,自分で作っちゃいなよ』












え?DIYってやつですか。


やったことないですよ。


っていうか、ジャニーさ・・・

















『大丈夫、YOUならできるよ』





























OK!


O T OURSELF



ですね!








そんなわけで、ちと作ってみやす!
2010/08/18

ステンドグラス

新しいお店の看板として


ステンドグラスなんて良いよねってことになってて


なんとか出来ないかなと思っていたら


いつも髪を切ってくれるお客さんの中に


ステンドグラス職人の方がいまして


頼んでみたら快諾。あれはたぶん快諾だった。




石原さんといって、個展とかたまにやっているそうです。


年齢と既婚を感じさせない石原さんは


閑静な住宅街が広がる南荻窪で


作品を作っているようで



『一度いらっしゃい』なんて言ってくれるもんだから、



ちょっと行ってきた。








アトリエ(っていうの?)は作りかけの作品とか


完成した作品とか、色の付いたガラスが


そこここにありました。




たぶんそうだと思うんだけど、



芸術家への注文は、なるべく少ないほうが良いと思うので



『絵柄はハサミにしてください』


とだけ伝える。


それと、ほのかに


『レトロ』とか『シンプル』というキーワードを


それとなく、におわす。



もしかしたらバンバンにおってたかもしれないけど、



とりあえず、そんな感じで注文しとく。





完成が楽しみです。




じゃあの。


2010/08/04

アンティーク

西荻



新店舗に置く家具を探しに行ってきました。


枯れた感じでオシャレなやつを探しています。




↑写真は西荻の住宅街にある『無相創』です。


手作りのランプがたくさん並んでいるんですけど、


華奢な感じでどれもおしゃれでしたー。



狭い店の奥の方でお店のご主人がなにやらゴゾゴゾと作業中。



『勝手に見てけい!』って感じの店でした。



ここでは何も買わず。








駅を移って吉祥寺の『ミヤケ』。


ここは品揃え豊富。ミヤケ・ビルみたいのが建ってて、


雑貨とか家具とか色々ある。



3階がアンティーク家具フロアになってて、


そこに『三宅さん』らしき人がいる。


いつもいる。初老をひとかじりしたような


宮崎駿を小さくしたようなアンティークなおじさんがいる。




ここはざっと見て下北の『リモーネ・アンティーク』へ。





ここは大正とか昭和の中古アンティーク家具が


色々あって、しかもリーズナブル。





医療戸棚

さびた感じの医療戸棚を購入。



大正時代のものらしいです。




乱暴に扱うと壊れそうなんで大切に使います。




医療戸棚2

取っ手の拡大です。





余談ですが、ここの店のご主人(?)は、


『どちらかといえば夏はTUBE派』みたいな


にこやかな人でした。


PIKOのTシャツを肩までまくりあげてました。





ボーーーン


昭和初期の振り子時計も購入。


ぜんまいを8日に1回巻く、


8日巻き時計というものらしいです。


巻き忘れると、止まります。



30分に1回ボーーーンって鳴ります。


5時に5回鳴るはずが7回鳴ります。



そこらへんがアンティークの良いところですね???







えー、で今は、


ホームページ・ビルダーを使って


お店の新しいホームページを作っています。




これはテクニックとセンスを要求される作業でして、


ちゃんと出来るかわかりませんが



なるべく良い物を作りたいと思っちょります。






じゃあの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。